乾燥肌のスキンケアの方法と化粧水|水分保持と栄養補給

スペシャルケア

両手でほほを触る女性

乾燥肌に悩む方の特徴としては、肌の水分量が不足しているだけでなく皮脂も不足しているため、水分と油分を補うケアが必要になってきます。
化粧水には潤い成分が配合されているものを選び、しっかりと肌に入れ込んであげて、水分を与えてあげるのが重要です。
また、水分が逃げないように保護してくれるのが乳液などの油分です。
これが膜となって肌を覆ってくれるので、しっかりと保湿を行うことができます。
肌の乾燥は基礎化粧品を丁寧に使用することで、潤いある肌になれるので、普段の化粧水や乳液の使い方次第でしっとりと保湿した肌になることができます。
通常のスキンケアでまだ乾燥を感じるようなら、化粧水と乳液を交互に2、3回重ねて塗ることで改善できます。

乾燥肌の方は肌のバリア機能も低下しているため、肌に極力刺激を与えないケアをするのが大切です。
また、肌の水分量が低下しているため、しっかりと保湿する必要があります。
水分を与える役目をしているのが化粧水です。
洗顔後に肌はどんどん水分が蒸発していくため、一刻も早く化粧水で水分を補う必要があります。
少量ずつ何度かに分けて、丁寧に重ねづけしていくのが有効です。
また、コットンパックなどで保湿力を高めるのも役立ちます。
しっかりと水分を肌に行き渡らせたら、乳液やクリームでふたをするのがポイントです。
化粧水で与えた水分が蒸発してしまうと、余計肌の乾燥を進行させてしまいます。
また、保湿効果の高い美容液などを使用して、保湿力アップを図るのもおすすめです。